メールでお問い合わせ

「電球がつかない!」LEDが切れる原因と対処法を徹底解説

長寿命のが最大の特徴であるLEDですが、まれに短時間で使えなくなったり購入したばかりの電球が点かなかったりするケースも見られます。電球が点かないなら、まずは原因を突き止めて原因ごとに対処することが必要です。そこで今回の記事では、LEDが点灯しない原因と対処法について解説します。

 

LED電球が点かない原因とは?

LEDが点かない原因は、大きく分けて次の3つのいずれかだと考えられます。

 

電源部が故障したため

電球が点かない原因として最も可能性が高いのは、電源部の故障です。電源部にある「コンデンサー」という部品は熱に弱く、長時間に熱にさらされると故障することがあります。もし、交換して2~3年で点かなくなったようであれば、電源部の故障だと考えられるでしょう。

 

接触不良のため

接触不良のため点灯しないというケースもあります。特にソケットが古くなっている場合は、電極が汚れていたり電極のバネが弱かったりして接触不良が起きやすくなることも。電球と電極がうまく接しておらず点灯しないという可能性もあります。

 

不良品のLED電球であったため

LEDが点灯しないなら、製品自体が不良品である可能性も否めません。LEDは白熱電球に比べて構造が複雑で、回路に使われている部品に不良品が混じることもあるためです。もし接触不良の可能性が低く最初から点灯しないのであれば、不良品を購入した可能性も考えられます。

 

LED電球が点かない時の対処法

電球が点かないつきは次のように対処してください。

 

ブレーカーを確認する

電球が点かないときは、まずはブレーカーを確認しましょう。意外とブレーカーが落ちているを気が付かないこともあります。電球が点かなければ、ブレーカーが上がっているか確認してください。

 

電極を清掃する

ソケットが古くなっているのなら、電極をきれいに清掃することもポイント。「接点復活剤」を使ってきれいに電極を拭くと、接触不良が解消されて点灯することがあります。

 

新しい電球をつけてみる

購入したばかりのLEDが点かなければ、新しい電球に交換してもう一度試してみてください。LEDには5年間の保証が付いているので、金銭的な負担なく新しい製品に交換してもらうことが可能だからです。別の製品でも点かない確認すれば、原因の絞り込みにも役立ちます。

 

バイパス工事をする

LEDが点灯しないときの最も確実な対処法は、業者に対応を依頼することです。電球が点灯しない原因はさまざまですが、プロであればすぐに原因を判断し適切に対処してくれます。例えば「LED工事.com」は個人宅から国内大手企業まで幅広く照明の設置工事を行う業者で、もちろんバイパス工事の依頼も可能です。最も確実で簡単な対処法は、専門家である業者に依頼することです。

 

LED電球が点かないなら業者に対応依頼を!

LED電球が点かないなら、業者に対応を依頼しましょう。点灯しなくなる原因は熱による故障、電極の汚れ、製品の不良などさまざまです。個人で原因を判断し、原因にあった対処を行おうとしても難しいこともあるでしょう。しかし、照明専門業者であればすぐに原因を突き止め、迅速に適切な対処を行ってくれます。ご紹介した「LED工事.com」など、照明を専門的に取り扱っている業者に依頼することが最も確実な対処法です。