メールでお問い合わせ

法人・店舗で電気代削減!コストカットのための3つの方法とは?

法人・店舗の経費を削減するなら、電気代削減を目指すことをおすすめします。法人・店では照明設備が多く常に点灯させているので、省電力のLED照明に切り替えるだけで大幅なコストカットが可能です。それでは、電気代を削減するためにはどのような方法がおすすめなのか、3パターンで解説していきます。

 

法人や店舗などの照明をLEDに交換して電気代削減

照明をすべてLED化させれば、電気代を削減するだけでなく電球交換にかかるコストや手間も削減できます。

 

LED化で電気代削減に成功した事例は多い

法人・店舗で照明をLED化させ、電気代削減に成功している事例は多々あります。例えば、コンビニ大手である「株式会社ローソン」では42店舗の照明をLED化したことにより、蛍光灯のときと比べて約35%もの消費電力量削減に成功したとのこと。LEDの最大のメリットは、消費電力が少なく電気代の削減効果があることであり、照明設置数の多い法人・店舗では電気代削減がより大きくなります。法人・店舗にこそ電気代削減に大きく貢献するLEDがおすすめです。

 

長寿命のLEDなら電球購入費用もカットできる

法人・店舗をLED化すると、電気代だけでなく電球購入費用もカットできるようになります。10年間照明を使用した場合で考えると、それぞれの電球購入費用は↓の図のようにLEDが圧倒的に安くなるためです。

 

電球の種類 電球1個の価格 交換回数 電球購入費用
白熱灯 300円 30回 9,300円
蛍光灯 1,000円 2回 3,000円
LED 2,000円 0回 2,000円

 

上記のように、LEDは電球1個あたりの価格は高いものの、寿命が長いため電球購入費用は白熱灯の約1/10に収まる計算となります。電気代と電球購入費用の両方を削減できるLEDは、電気代を削減するために欠かせません。

 

古くなった設備を交換する

古くなった照明を交換することで、大幅な電気削減効果が期待できます。最新の照明設備に切り替えるためには工事が必要ですが、古い設備を省エネ設備に替えるとエネルギー使用量が減り、電気代が安くなる可能性が高まります。切り替えのためには新しく設備を購入しなければなりませんが、設備購入費に対して補助金が出ることもあり、より少ない資金で実現できる可能性も。長期的な目線で見ると工事費用や設備購入費用より電気代削減効果が上回るため、照明設備が古くなってきているなら早めに交換するべきです。

 

電気代削減のため電気プランを見直す

法人・店舗で電気代削減を目指すなら、電気プランを見直すこともおすすめです。

 

最適な電気プランを選んで電気代削減

まずは、自社にとって最適な電気プランに切り替えるだけで、電気代が削減できるケースもあります。電気プランはさまざまに用意されており、電気の使用量や使用する時間帯にあったプランを選べば割引が受けられることも。まずは、契約している電力会社のプランを見直し、もっとお得にならないか検討してください。

 

電力会社を切り替えて電気代削減

電力会社を切り替えることも電気代の削減には効果的です。現在では新電力会社が多々あり、電力会社により用意されている電気プランも異なるので、利用用途にあった電力会社に切り替えれれば大幅な割引を受けられることもあるでしょう。電気代でコストカットをするなら、電気プランとともに電力会社の切り替えもおすすめです。

 

法人・店舗の電気代削減には3つの方法がおすすめ

法・店舗で電気代削減を目指したいなら、今回の記事でご紹介した3つの方法がおすすめです。照明のLED化・省エネ設備の導入・電気プランの見直しの3つの方法をすべて実践すれば、現在より電気代が安くなることは間違いありません。設備の導入には経費がかかりますが、長期的な視点で見れば、電気代というランニングコストをカットできる経費削減効果のほうが、設備導入資金を上回はずです。