メールでお問い合わせ

高品質なLED照明の見分け方|選びたいLED照明の条件を解説

当たり前のことですが、LED照明の品質は商品により異なります。長く使うものなので、イニシャルコストが多少アップしても高品質なLED照明を選んでおくほうが安心かもしれません。このページでは、高品質なLED照明を選ぶ条件を解説しています。照明の取り換えをを検討している方は、参考にしてください。

 

LED照明の品質を考えるなら日本製?

高品質なLED照明を選ぶときに注目したいのが製造国です。LED照明の製造国は、大きく日本と外国に分けられます。日本製と外国製のわかりやすい違いは価格です。基本的には、日本製LED照明の方が高価といえます。日本製LED照明が高価な理由は、LED照明を構成する部品に信頼性の高いものを使っているからです。

信頼性の高い部品を使っている日本製LED照明は、安価な外国製LED照明に比べて、品質のバラつきが少ないといえます。つまり、短時間で暗くなってしまうことや色のバラつきなどが少ないのです。もちろん、外国製LED照明の中にも高品質なものはあるますが、専門的な知識がないと見分けることは難しいといえます。高品質なLED照明をお探しの場ワイは、日本製LED照明の中から選択すると良いかもしれません。

 

品質のよいLED電球の条件

続いて、高品質なLED照明の条件について解説します。

寿命

長寿命に魅力を感じてLED照明を導入する方は少なくありません。したがって、高品質なLED照明の条件として、長寿命が挙げられます。基本的にLED照明はどれでも長寿命とされていますが、低品質な商品の中には短い期間で点灯しなくなるものがあります(電源寿命・断線が原因)。国内の一流のメーカーは、部品や素材をテストしたうえで採用し、電子部品にダメージを与えないように電源回路を設計しています。そのようなメーカーのLED照明を選んでおくと安心です。

 

省エネ性能

LED照明の省エネ性能に惹かれて導入を決定する方も少なくありません。したがって、省エネが高いことも高品質なLED照明の条件となります。LED照明の消費電力は、傾向との3割、白熱電球の2割程度といわれていますが、具体的な消費電力は商品で異なります。国内の一流メーカーは、部品配置にこだわりLEDモジュールへ与える熱の影響を減らすことなどで、高い省エネ性能を実現しています。このようなメーカーのLED照明は、品質が高いといえます。

 

光の色

最後にチェックしたい条件として、LED照明が放つ光の色が挙げられます。電球色には公的な規格が設けられていますが、その範囲が広いため同じ電球色であっても異なる印象を受けることがあります。国内の一流メーカーは、同じ商品の光の色を統一することはもちろん、同じブランドが販売する異なる商品の光の色も統一しています。そのため、照明器具の電球を一つだけ交換しても、印象が変わってしまったということがありません。安価なLED照明は、同じ商品であっても光の色が異なることがあるので注意しましょう。

 

日本製のLED照明は総じて高品質

長く使うことを想定しているのであれば、品質の高いLED照明を選ぶべきといえます。専門的な知識がないと品質を見極めることは難しいですが、安価な外国製LED照明に比べると、日本製LED照明の品質は高い傾向があります。品質が高い理由は、しようおする部品や設計などにこだわっているからです。高品質なLED照明は割高ですが、長い目を見るとお得になることが少なくありません。紹介したポイントを参考に、高品質なLED照明を選んでみてはいかがでしょうか。