メールでお問い合わせ

LED照明導入のコスト削減効果は?より高めるための3つのポイント

LED照明を導入する際には、実際に導入した場合のコスト削減効果を知っておきましょう。
そこで、導入することで実際にどの程度コストが削減できるのか、実際の導入事例も交えながら解説した後、よりコスト削減率を高めるためのポイントについてご紹介していきます。
電力消費量が少ないというLEDの最大のメリットを活かすために参考にしてください。

 

LED照明の導入でどれくらいのコスト削減ができるかを知る

 

LED照明を導入すると、どのくらいコスト削減ができるのでしょうか。
LED導入のメリットを享受するためには、コストが削減できる目安について知っておくことが大切です。

 

LED照明導入によるコスト削減の目安

LED照明導入によるコスト削減効果は、電気代で約71%減だと言われています。
一般的なオフィスでは電気代が約20,000円とされていますが、71%削減できたとすれば、5,800円まで減らせます。
LEDは従来の電球や蛍光灯と比べて価格が高価ですが、従来の蛍光灯と比較して3倍の寿命を誇ると言われていることから、価格の高さは大きく影響を及ぼさないと考えられます。
そのため、電気代が削減できる効果のほうが断然コスト削減に大きな影響を及ぼすでしょう。

 

LED照明の導入事例

実際にLED照明を導入した小売店の事例では、コスト削減率が63%になったそうです。
ハロゲン球のスポットライトや蛍光灯をすべてLED照明に取り替えたところ、消費電力量は14kWも減り。年間で100万円以上の削減に成功しました。

 

LED照明でコスト削減につなげる導入のポイント

 

LED導入によりコストを削減するためには、次のようなポイントを意識してください。

 

従来より光の強さが弱いLED照明を選ぶ

コスト削減のためには、従来の蛍光灯や電球より光の強さが弱いLED照明を選びましょう。LEDは従来の照明器具とは違い、上方向に発光しません。
つまり、下方向に対して効率的に光を発することから、光の強さが弱くても、従来どおりの明るさを確保できる可能性があります。
従来の60~70%程度の明るさのLEDを選ぶと、明るさを維持したままより効率的にコスト削減ができるでしょう。

 

発光効率の良いLED照明を選ぶ

コストを削減するためには、発光効率の良いLEDを選ぶことも大切です。
発光効率は、製品の「ルーメン(lm)÷消費電力(W)」という計算式から求められます。
上記計算式に当てはめてみて、算出された数値がより高い製品が発光効率の良い製品です。

 

設置場所によって人感センサーを導入する

設置場所を見極めて、人感センサーを導入することもコストを削減する方法のひとつです。
人感センサーを用いれば、人がいるときのみ照明が点灯し、人がいなくなれば自動的に消灯されます。
消し忘れなどの心配がないことから、LED導入のコスト削減効果をより高めてくれるでしょう。

 

補助金・助成金も活用して導入コストを軽減する

 

LED照明の導入コスト削減効果は、補助金や助成金を活用することでさらに高まります。
自治体によっては、LED導入のための補助金・助成金制度が用意されていることもあるため、上手に活用すれば導入の際のコストも削減することが可能です。
補助金・助成金制度の実施状況は各自治体により異なるため、お住いの地域にある役所に確認してください。

 

LED照明でコスト削減を図るにはポイントを押さえて

 

LED照明でより高いコスト削減効果を得るためには、導入の際のポイントを押さえ、補助金や助成金を活用していくことが求められます。
LED導入で得られるコストの削減効果は約71%とされていますが、工夫次第でより効果を高めていける可能性もあります。
導入費用の高さを懸念されている場合でも、もし補助金・助成金制度を活用できれば、より少ない費用で導入できる可能性があるでしょう。