メールでお問い合わせ

LED照明を導入するには?導入の流れと業者選びのポイントを解説

LED照明を導入する際には、いくつか知っておくべきことがあります。
工事業者の選び方や工事の流れなどがメインとなりますが、その前に、LEDを使用することによる効果も知っておきたいところです。
従来の照明と比較してどのような導入効果があるのか押さえたうえで、信頼できる業者に工事を依頼しましょう。

 

LED照明の導入効果をチェック

 

LEDを導入した場合に得られる効果やメリットについてご紹介します。

 

電気代の削減

LED照明を導入した際の最大のメリットは、電気代が削減できることです。
LEDは電力消費量が少なく、蛍光灯と比較して約1/2、白熱電球と比較するとなんと約1/6とも言われています。
さらに、発熱量が少ないことから室内温度への影響が少なく、空調の利用が抑えられることも電気代削減に役立つ理由のひとつです。
実際にどれくらいの電気代削減効果が得られるかはご自身で確認していただく必要がありますが、電気代を削減したいと考えているなら、LEDへの変更を検討することをおすすめします。

 

電球交換作業の手間が省ける

電球交換作業の手間が省けることも、LED照明を導入する際の効果のひとつです。
蛍光灯や白熱電球と比較して圧倒的な長寿命を誇るLEDなら、頻繁に電球を交換する必要はありません。
LEDの寿命は白熱灯の約20倍、蛍光灯の3倍とされていることから、交換作業回数も従来の1/20、1/3へと減らせます。

 

環境に優しい

LEDは従来の照明より環境に優しい照明器具です。
水銀や鉛、カドミウムを使用しないことから、環境への影響が少なく、不燃ごみとして廃棄することができます。

 

虫の被害や商品の劣化を防ぐ

LEDを使用すると虫が寄ってきたり、照明によって商品が劣化したりすることも防げます。
従来の照明器具は紫外線を含んでいたことから、虫が集まったり、商品の変色・劣化を助長させてしまうこともあります。
しかし、LEDには紫外線を全く含まないものも多く、虫害や商品劣化を防ぎたい場所への照明として最適です。

 

LED照明を導入する手順・方法

 

LED照明を導入する際の手順について、順を追ってご紹介します。

 

  1. 業者選びをする
  2. LED導入の相談を行う
  3. 現地調査が行われる
  4. LED商品・導入プランの提案を受ける
  5. 見積りを確認する
  6. 契約をする
  7. LED工事
  8. 点灯確認
  9. 導入完了

 

LED照明を導入する際には、まず信頼できる業者選びから始め、提案内容や見積もりを確認した後、簡単な工事を経て導入完了となります。

 

LED照明の工事業者を選ぶポイント

 

それでは、LED照明工事を依頼する際の業者選びのポイントについて確認していきましょう。

 

実績と経験が豊富な業者を選ぶこと

LED工事業者を選ぶときの最大のポイントは、実績と経験が豊富な業者を選ぶことです。
実績と経験が豊富であるということは、多くの人から信頼され、多くの工事を請け負ってきたという証です。
ホームページなどに記載されていない場合は、担当者に確認するなど、必ず知っておきたい項目です。

 

提案書の内容を確認すること

提案書の内容を確認し、わかりやすい内容となっている業者を選ぶことも大切です。
わかりやすい内容で作成されていれば、利用者の立場に立った説明をしてくれる親身な業者だと考えられます。

 

相見積もりを行うこと

工事を依頼する際には、相見積もりを行うことも欠かせません
LED工事は頻繁に行うことではないため、価格の妥当性を知るためにも相見積もりをして業者の比較を行うようにしてください。

 

LED照明の導入は信頼できる業者を見つけることから

 

LED照明を導入する前には知っておくべきことが多くありますが、やはり信頼できる業者を見つけることが最も大切でしょう。
LEDを使用するメリットや工事の流れなどを把握したら、今回の記事でご紹介した3つのポイントに従って業者選びを行ってください。
業者の実績や経験を確認したうえで提案書の内容も吟味し、相見積もりによって妥当な価格を提示してくれる業者を選びましょう。