メールでお問い合わせ

【知らないと危険】「工事不要」の思わぬ落とし穴。LED照明は正しく使用しないと発煙・発火の原因に!

どうもこんにちは、ビジネス系Youtube動画が大好き!
工事責任者のタケナカです。

 

LED照明は省エネで寿命が長いことから、蛍光灯などの従来の照明から切り替わる形で、近年広く普及しています。
そこで、従来の照明をLED照明に替えるに当たっては、

 

「照明器具そのものを取り替える」「ランプのみLEDランプに交換する」

など、複数の選択肢があります。そうした中で、最近増えているのが

 

LEDランプを本来使用してはならない従来の照明器具に取り付けて、発煙・発火する
などの事故です。

 

今回はLED照明の中でも特に事故の多い直管LEDランプについて、電気工事士でもあるタケナカが解説していきたいと思います。
では、さっそく行きましょう!

 

 

1. LED照明とは

LEDという言葉はLight Emitting Diodeの略で、日本では発光ダイオードと呼ばれています。

 

発光ダイオードは、電気を流すと発行する性質を持っている半導体のことで、この発光ダイオードを光源として利用したLED照明が作られています。

 

また、大きな特徴としてLEDは直流で点灯することから、家庭や店舗に供給されている交流電源を直流電源に変換する必要があります。この電流の変換の役割を担う制御装置はLEDランプ内に内蔵されていたり、外付けされていたりする場合があります。

 

 

2. 事故件数

消費者庁の事故情報データバンクには、LED照明に関する事故情報が平成21年9月から平成31年3月10日までに328件寄せられています。
そのうち、火災に繋がったのは10年間で23件ありました。

 

 

3. 実際の事故例と未然に防ぐためのアドバイス

蛍光灯器具には安定器が必要であり、ネットや家電量販店で販売しているいわゆる「工事不要の直管LED」というのは安定器をバイパス工事しなくても使用できるという商品です。
一見、手間も少なくかんたんに取り替えられそうに感じます。

 

しかし!

 

適合していない商品を購入して使用すると不点灯、発煙、発火など重大事故に繋がる可能性があります。

 

しかも、「工事不要の直管LED」は安定器が寿命になると点灯しなくなります。

 

安定器の寿命は一般的に5年~7年と言われています。
一方で、直管LEDの設計寿命については約40,000時間なので一日10時間点灯で4,000日。約10年以上もつはずです。
つまり、実際のところLEDそのものよりも安定器が寿命を早く迎えることになり、結局は

 

安定器の寿命分の時間しか点灯しなくなる

 

ということです。
しかも、その安定器は今まで普通の蛍光灯を使用していたわけなので新品ではありません。

 

では、前述した事故に関しても、実際に例を上げ解説をしていきます。

 

いずれも「工事不要の直管LED」をネット販売で購入し、間違って使用したために火災に繋がったケースです。

 

一時的な購入価格が安くついたとしても、、結果的に大きな損をしてしまう可能性が高くなり、
タケナカとしては全くオススメ出来ません!!

 

まずは、事故例を見ていくにあたり、蛍光灯安定器には下記の3種類がある。ということを頭に入れておいてください。

 

 

ケース①

〈事象〉
ネット販売で購入した直管LEDランプの電源基盤部分から発火し、口金樹脂および樹脂カバーが溶融した。

〈原因〉
使用者自身が取り付けを実施。既設ランプがラピッドスタート形であったことから、既設安定器もラピッド式と勘違いし、ラピッド器具専用の直管LEDランプを購入し、ご使用に至ったと推測される。

〈事故を未然に防ぐアドバイス〉
既設安定器が半導体式であることに気づくには、天井に取り付けられた既設安定器の銘板を判読する必要があった。
もし、家電量販店やネット販売などで購入する場合は必ず既設器具内の安定器がどのタイプに属するのか確認してから購入しよう。

 

判断に迷う場合は安易に取り付けるのは止めて、必ず知識のある人に判断してもらってから使用するように心がけなければいけない。

 

ケース②

〈事象〉
ネット販売で購入した直管LEDランプの電源基盤部分から発火し、口金樹脂および樹脂カバーが溶融した。

〈原因〉
使用者自身が取り付けを実施。ラピッド式器具専用の直管LEDランプがスタータ式器具に誤使用された。
ランプ取り付けにあたって、既設器具を十分に確認せずに誤使用に至ったと推測される。

〈事故を未然に防ぐアドバイス〉
ラピッド式かグロー式かの判断はグロー球が付いているかどうかで判断できるが、確実な方法はやはり既設器具の銘板を判読する必要がある。
ケース①同様に判断に迷う場合は安易に取り付けるのは止めて、必ず知識のある人に判断してもらってから使用するように心がけよう。

 

4. まとめ

結論しては直管蛍光灯をLEDランプにするためには下記2点がタケナカからのオススメです。

 

(その1)照明器具ごとLED器具へ交換する

これはパナソニック、東芝、三菱あど大手メーカーがそれぞれ独自のLED器具を販売しています。
全て通販サイト「メガランプ」にて格安で購入できます。お求めの商品があれば検索してみてください。

 

(その2)バイパス工事をして直管LEDランプへ交換する

バイパス工事には大きく分けると

 

・片側給電方式
・両側給電方式

 

の2種類あります。

 

それぞれ使用する直管LEDランプによって工事方法が変わります。取替工事は電気工事士でないと出来ないので注意が必要です。
照明器具を改造することになるので本来のメーカーからの保証は受けられなくなりますが、
一番の不安要素である安定器を回路から切り離すので安心して使用できるようになります。

 

ちなみに現在一番多く流通している製品は、価格を抑える事が出来るという点からほとんどが片側給電方式のものとなっています。(弊社で承る場合も、片側給電方式のみの対応とさせて頂いております)

 

メガランプでもこの方法での取替に対応した商品を販売しています。よければ是非見てみてください。