メールでお問い合わせ

LED照明の安全な工事会社の選び方|導入のポイントも紹介

LED照明を安全に導入したいと考えていませんか。当てはまる場合は、工事会社選びに気を付けましょう。工事会社選びを間違えると、様々なトラブルに見舞われる恐れがあります。LED照明の導入を検討している方のために、安全な工事会社の特徴を紹介します。
さらに、導入にあたり気を付けたいポイントも解説するので、参考にしてください。

 

「LED照明の安全な工事会社とは」

LED照明を安全に導入してくれる工事会社には、以下の特徴があります。

 

「工事実績が豊富」

安全な工事会社の多くは、工事実績が豊富です。工事実績が豊富な理由は紹介や口コミなどで依頼が多く舞い込むからです。さまざまな現場で工事を行うことで、知識や経験も積み重ねています。LED照明を安全に導入したい方は、工事実績が豊富な工事会社を選びましょう。

 

「提案・見積もりがわかりやすい」

安全な工事会社は、提案・見積もりがわかりやすい特徴もあります。わかりづらい箇所は、丁寧に説明してくれます。不明瞭な点がないので、安心してLED照明の取り付けを依頼できます。気になる工事会社がみつかったら、見積もりをとって応対品質を確認すると良いかもしれません。

 

「国内メーカーのLED照明を扱っている」

以上のほかでは、国内メーカーのLED照明を主力商品として扱っている工事会社も、安全な工事会社と考えられます。海外メーカーのLED照明の中には、減価償却を迎える前に切れてしまうものがあると言われているからです。原因として、寿命に対する考え方の違いなどが挙げられます。もちろん、すべての海外メーカーに当てはまるわけではありませんが、日本の商習慣の中で使用するのであれば、国内メーカーのLED照明の方が違和感なく使うことができます。

 

「LED照明を安全に導入するには」

LED照明を安全に導入するため、気を付けたいポイントを解説します。

 

「サンプルで確認する」

LED照明は、事前にサンプルでイメージを確認してから導入しましょう。イメージを確認せずに導入すると、取り付けが終わってからやり直したいと感じることがあります。
店舗などの場合、売上に影響するかもしれません。理想の空間に仕上げることを確認したうえで、導入することが重要です。

 

「適合していないLED照明を使用しない」

LED照明には、いくつかの種類があります。直管形LEDと呼ばれるものは、取り付け工事を必要としません。とても便利ですが、適合していない直管形LEDを取り付けて使用すると事故につながる恐れがあります。工事不要のLED照明を自分で取り付けるときは、適合していることを確かめましょう。不安を感じる場合は、工事会社へ相談することをおすすめします。

 

「直管形LEDは安定器の寿命に注意」

工事不要の直管形LEDには、もうひとつのデメリットがあります。既存の安定器を流用するため、安定器が寿命を迎えると点灯しなくなります。安定器の寿命は、直管形LEDよりも短いことが一般的です。工事代を節約した結果、余計なコストがかかることも考えられます。
ちなみに、LED照明取り付け工事の相場は、1台あたり3,000~5,000円程度です。将来のコストまで見据えて、LED照明を導入しましょう。

 

「工事会社に注意してLED照明を安全に導入」

LED照明を導入する時は、工事会社選びに注意が必要です。実績豊富な工事会社、国内メーカーのLED照明を扱っている工事会社であれば、安全に導入できる可能性が高いと言えます。
また、自分で導入する時は、適合しているLED照明であることも確認しましょう。確認を怠ると、発火などのトラブルにつながる恐れがあります。不安を感じる場合は、信頼できる工事会社で相談するとよいでしょう。