メールでお問い合わせ

LED照明取り付け工事の流れと期間・費用の目安について解説

LED照明取り付け工事は、どのような流れで進むのでしょうか。基本的な流れと工事期間、費用の目安について解説するので、参考にしてください。

 

「LED照明の取り付けに必要な工事」

LED照明の導入は、取り付け工事が必要なケースと取り付け工事が不要なケースに分かれています。
以下のケースは、取り付け工事が不要です。

 

  • コンセントから電力を供給する
  • 既存の安定器(電流をコントロールする装置)を流用する
  • 小型の照明器具を利用する

 

工事が不要なので便利に思えますが、コンセントから電力を供給する場合は配線が見えてしまう、安定器を流用する場合は消費電力が増えるデメリットがあります。
LED照明をスマートに利用したい場合は、工事が必要になると考えるほうがよいでしょう。

 

「LED照明取り付けに必要な工事」

LED照明取り付けに必要な工事を「バイパス工事」といいます。バイパス工事は電気配線を組み替えて、安定器を介さずLED照明へ電流が流れるようにする工事です。どのような流れで行うのでしょうか。

 

  1. 電源を遮断する
  2. 安定器につないでいる配線を切断する
  3. 2の配線を修理する
  4. ソケットに配線する
  5. 照明器具をもとの状態に戻し、LED照明を取り付ける
  6. 点灯することを確認する

工事自体は、それほど難しいものではありません。

 

「LED照明の取り付け工事にかかる期間・費用」

LED照明取り付け工事には、どれくらいの期間・費用がかかるのでしょうか。

 

「工事期間の目安」

LED照明取り付け工事にかかる期間は、ケースで大きく異なります。40~50台程度であれば1日で取り付けられるケースが多いですが、実際にかかる期間は条件で異なります。見積もり時に確認することをおすすめします。

 

「工事費用の目安」

LED照明取り付け工事にかかる費用は、1ヶ所あたり3,000~5,000円程度です。工事だけでなくLED照明も含む金額なので、リーズナブルといえるかもしません(金額は取り付けるLED照明で変動します)。

 

「取り付けを依頼する際の注意点」

LED照明取り付け工事を依頼する場合は、以下の点に気を付けましょう。

 

「業者の信頼性をチェック」

工事の品質や料金は、取り付け工事を行う業者で異なります。できるだけ信頼できる業者を選びましょう。信頼できる業者は、実績が豊富で、導入事例を公開している傾向があります。さまざまな建物にLED照明を導入している業者であれば、安心して任せられるはずです。

 

「サンプルで確認」

LED照明を導入する時は、取り付け前にサンプルでイメージを確認しておきましょう。この作業を怠ると、取り付け後に「想像していたものと違った」となることがあります。サンプルだけで取り付け後の状況を完全に把握することは難しいですが、確認しないよりは失敗を防げます。

 

「LED照明は取り付け工事が必要と考えるべき」

LED照明は取り付け工事が必要なケースと必要ないケースに分かれます。必要ないケースのほうが便利に思えますが、外から配線が見える、余計な電気代がかかるなどのデメリットがあります。基本的には、工事が必要と考えるほうが良いでしょう。工事にかかる期間はケースで大きく異なります。工事にかかる費用は、1ヶ所あたり3,000~5,000円程度です。以上を参考に、LED照明の取り付けを検討してみてはいかがでしょうか。