メールでお問い合わせ

パナソニックの施設向けLED照明について

パナソニックにはさまざまな施設用LED照明を展開しています。非常に多様性が高いので、どんな施設にも対応しており、状況や目的に応じた製品を選ぶことができます。そんなパナソニックの施設向けLED照明からおすすめの製品をいくつか解説しています。導入事例も合わせて紹介していますので、参考にしてみてください。

 

パナソニックで取り扱う施設向けLED照明

パナソニックではさまざまな照明を取り扱っています。ここではそんな数ある照明の中から「施設向けLED照明」を紹介します。

 

スリムベースライトSBシリーズ

角型スリムデザインで建築に馴染みやすいと評判のSBシリーズです。商品名の通りスリムなので、デザイン性も高くどんな施設にも対応できます。タイプは大きく2種類。「直付型」と「配線ダクトタイプ」があります。

・特徴
スリムで建築にしっかりフィットしてくれます。またどんな空間にも対応できるように、フラットな発行面を持っているのが特徴です。しっかり発行しながらもムラがなく、開放的な演出を行ってくれるのもSBシリーズの良いところでしょう。用途に合わせて「高光束」「低光束」2種類の明るさタイプが用意されています。

・直付型
スリムなベースライトになります。発光面がフラットなので煩わしさもなく、直線的で見た目も美しいでしょう。L300mm単位で調整することも可能です。

・配線ダクトタイプ
配線ダクトと一体感があるので見栄えも良く、取り付けも簡単なので付替えも自由に行えます。意匠性が高いのもこのタイプになります。状況に応じたレイアウト変更にも対応しています。

 

器具本体×ライトバーiDシリーズ

一体型LEDベースライトです。器具本体とライトバーを自由に組み合わせることができるので、どんな施設にも導入することができます。また省エネでエコなのもiDシリーズの良いところ。他にも。光源が幅広い・施工性が高い・吊りボルト収容空間で独自設計といった特徴もあります。

・使用用途
多様性があるためさまざまな施設に対応できます。そのため一般施設はもちろんのこと学校や工場、診察室など特定用途としても用いられています。

・ライトバーの特徴
省エネタイプの他、一般タイプやグレアタイプ、ウィズリモなどがあります。紫外線遮断黄色タイプといって、500nm以下の短波長を遮断してくれるタイプのライトバーも取り扱っています。

 

パナソニックの施設照明導入事例

実際にパナソニックの施設照明を導入した事例について解説します。

事例1:
大手女性専用エステサロンにハロゲンランプのダウンライトやユニバーサルダウンライトを導入。美光色LED照明で肌を美しく見せ、作業効率がアップしました。また眩しさを抑えながら発光するため、目も疲れにくくお客様のうぶ毛までしっかり感知できるようになっています。さらに照明による室内温度の上昇も抑制。

事例2:
下関駅から唐戸地区までの景観照明として、消防庁舎にパナソニックのLED照明が導入されています。中心地ならではの賑わいを、ライトアップによってさらに華やかに演出し存在感をアップ。さらに関門海峡沿いのや関係感にも貢献しています。

事例3:
中部国際空港のエントランスや階段・通路などにも、パナソニックのLED照明が導入されています。改札や搭乗口などの光天井や光壁、光床などもすべてパナソニックのものになります。

 

多様性の高いパナソニックのLED照明

用途に合わせた施設用LEDが多数あるため、比較的どんな場所でもしっかり対応してくれることがわかりました。省エネ、明るさの抑制など細かいこだわりがあるもの、パナソニック製品の良いところでしょう。施設用LED照明の導入を検討している方は、ぜひ利用してみてください。